忍者ブログ

WEBデザインとかSOHO, MacユーザのWEB制作者の徒然メモ。

[PR]

Posted by - 2017.11.20,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【Action Script】外部テキストを読み込んでスクロール出来るようにする方法

Posted by toka - 2008.07.23,Wed
Flashで制作したホームページでも、
更新情報を掲載する際等、いちいちFlashを編集するのは面倒。

そんな頻繁にテキストデータ等を更新する必要がある場合は、
外部のテキストファイルをFlashに読み込んで表示するのが良さそうです。

で、調べてみたところ結構簡単に実現できました。
以下、制作時のメモです。

まず1フレームに下記のスクリプトを記述。

System.useCodepage = true;
loadVariablesNum("news.txt", 0);

※「news.txt」というところは読み込んで来る外部テキストファイルの名前なので、適当に変えて問題ありません。

で、適当なところにダイナミックテキストの枠を作って、
プロパティのウィンドウ内の「変数」という項目に「text01」と入れます。(この「text01」という変数も適当に変えて大丈夫です。)



次に、「text01」という変数に対応させて、外部テキストファイルのデータを作ります。

text01=更新情報

こんな感じの内容にして「news.txt」として保存すれば、フラッシュのダイナミックテキスト内に「更新情報」と表示されます。
ちなみに、先ほどいじったFlash内のダイナミックテキストのプロパティの、「テキストをHTMLとしてレンダリング」という項目を選択してあげると、HTMLも記述出来るようになります。

ここまででテキストの読み込みは完了。

なのですが、外部テキストの情報量が先のダイナミックテキストの枠内に収まらない場合、スクロールバー等を設置して、はみ出した情報も見えるようにしてあげる必要があります。

それには、ダイナミックテキストにインスタンス名「dtext」等と入れて、ボタンのシンボルを「2つ」適当な位置に置きます。

で、そのボタンのシンボルにそれぞれ

on (press) {
    _root.dtext.scroll--;
}


on (press) {
    _root.dtext.scroll++;
}

と入れると、そのボタンを押した時に上下一行ずつ動いてくれるようになります。

以上。

【参考URL】
http://www.flashiroha.com/script/as5.html
http://www.1art.jp/flash2/chapter/27/27.htm
PR

Magpieを使ってみました(かなり初心者編)

Posted by toka - 2008.02.27,Wed
気がつくと先日見つけたWigitizeが上手く動かなかったようなので、再びサイト上でRSSの情報を表示させるべく、Magpieを使ってみました。

以下、しっちゃかめっちゃかやっていて出来たコード。
ブログ記事のタイトルだけが10件表示される仕様です。

<?php
//文字化け対策
define('MAGPIE_OUTPUT_ENCODING', 'UTF-8');
require_once 'rss_fetch.inc';

//RSSのURLを指定
$url = 'RSSのURL';
$rss = fetch_rss($url);

//表示件数を指定
$rss->items = array_slice($rss->items, 0, 10);
foreach ($rss->items as $item ) {
$title = $item[title];
$title = mb_convert_encoding($title, "SJIS", "auto");
$url   = $item[link];
echo "<li><a href=¥"$url¥">$title</a></li>¥n";
}
echo "</ul>¥n";
?>

元々のサイトが.htlmlだったので、本当はjavascriptで吐き出させたり、.html上でphpの動作をさせる.htaccessを置きたかったりしたのですが、何だか上手くいかないので、phpを別ファイルにしてiframeでぶっこんでおきました。(なんとなくかっこわるい。。)

以下、参考サイト様々。
お世話になりました。
http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?MagpieRSS
http://slashdot.jp/~okdt/journal/398242
http://works.xrea.jp/headline.php

MT4でカラム数を設定する方法

Posted by toka - 2007.12.17,Mon
本日クライアントさんに折角作ったMT4のテンプレートを崩されてしまったので、修正したときのメモ。
(崩された原因は、カラム数が変更されていたというだけでしたが、違う人が作業した内容からバグを見つけるのはなかなか厄介なものです。。)

直した箇所は「スタイルシート(メイン)」(下の記述があるファイル)の2行目。

/* This is the StyleCatcher theme addition. Do not remove this block. */
/* Selected Layout: <MTSetVar name="page_layout" value="layout-tw"> */

@import url(base_theme.css);
@import url(/mt-static/themes/xxxxx/screen.css);

/* end StyleCatcher imports */

MT4は「layout-tw」となっているところでカラム数の設定をするようになっているようです。
スタイルの設定がカラム数ごとに

.layout-tw alpha {width:xxx;}

のようになっているので、カラム数一つ分しか設定していないブログでカラム数を変更してしまうと色々とボロボロ崩れる、というものでした。

ちなみに「tw」やら何やらは「t」が「Thin(小さめのブロック)」で「w」が「Wide(大きめのブロック※コンテンツ部分とか)」という意味のようで、カラム数の設定の値をまとめてみると、下記のような感じになります。

layout-wtt→3カラム大小小
layout-twt→3カラム小大小
layout-tw→2カラム小大
layout-wt→2カラム大小

ユーザー権限についてしっかり擦り合せておくべきでした。
げんなり。。

.htaccessの設定に必要なフルパス(絶対パス)を取得する方法

Posted by toka - 2007.09.10,Mon
下記の記述を適当にテキストファイルか何かで作って、

<?php
echo $_SERVER["SCRIPT_FILENAME"];
?>

さらにecho.phpとか適当な名前を付けてサーバーに上げて、

http://ドメイン名/echo.php

と、このphpの場所をブラウザで見るとecho.phpまでのフルパスが分かります。
人気っぽい記事7つ
あわせて読みたい
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
Twitter
プロフィール
HN:
toka
性別:
非公開
職業:
WEB制作者
自己紹介:
フリーランスのWEBデザイナー。
マーケティングへの取り組みやユーザビリティの向上にも興味を持って活動しております。
にほんブログ村 デザインブログへ
カテゴリ一覧
忍者ブログ [PR]
Powered by "Samurai Factory"